エイジングケアはスキンケアだけではなく、日頃の食生活でも差がハッキリしてきます。

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

当ブログをご覧頂いている皆さんの中で、こんな症状に当てはまっている人はいませんか?

 

 

 

・疲れやすく、寝ても疲れが抜けない

・体がだるいと感じる事が多い

・些細な事でイライラしてしまう

・何かあるとすぐ思考が後ろ向きになってしまう

・しっかり寝ているのに寝ている気がしない

 

 

 

そして、こんな肌悩みも抱えていませんか?

 

 

 

・マスクを外すと一気に老ける(顔の下半分がほうれい線やたるみで老けて見える)

・お肌が黄色っぽくくすんでいる

・肌の弾力が低下している気がする

・お肌が乾燥しやすい

 

 

 

「しっかりスキンケアしているのに中々改善しない…」という方は、普段の食生活の中で「ほうれい線やたるみの原因」となるものが隠れている可能性が高いんです!

6446aabbdc4457ea1a02f3e5cf60cdbd_s

肌の老化を生み出す食べ物…女性が大好きな「アレ」だった?!

女性であれば甘いものが好きな方も多いと思いますが、甘いものに含まれている「白いお砂糖」、これがたるみやほうれい線を生み出す隠れた犯人である可能性が高いんです!

246447

白砂糖がなぜ?肌の老化に繋がる理由とは

本来お砂糖は薄い茶色なので、上白糖の様な真っ白い色をしている訳ではありません。これは化学薬品で加工されており、漂白する事で白いお砂糖に加工されているんです。

 

茶色いお砂糖と白いお砂糖を食べ比べると分かると思いますが、甘さが全然違います。自然のままの茶色いお砂糖はほんのりした甘さに対し、白いお砂糖はこってりとしたくどい甘さ…。

 

この「こってりとしたくどい甘さ」のある白砂糖を摂りすぎる事で、お肌の老化を進ませる「糖化」が起こってしまうんですね。

17d51ac9febb090fc0d340b1efc80e1b_s

糖化はお肌のたんぱく質と結びつく事で本来の弾力を失い、お肌の筋肉を弱らせてしまいます。その為肌のたるみに直結し、ほうれい線などの「肌老化」に繋がってしまうんですね。

 

それだけではなく、糖化が始まる事でコラーゲンを作り出す元まで傷付けてしまうので、肌の弾力を失わせてしまうんです。当ブログでも糖化についてお話しした事がありますが、スキンケアをしっかりしているのにどうしても肌のたるみなどが改善しない!という方は、甘いものが好きな方も多いのです。

102488

また、白砂糖はカルシウムを奪ってしまうので、イライラにも繋がりやすく、自律神経の乱れにも繋がってしまうのです。更にカルシウムはコラーゲンの生成にも必要な成分でもあるので、ダブルでお肌のコラーゲンをいじめてしまう…という結果に繋がってしまうんですね。

 

折角効果のあるスキンケアを使っても、毎日大量にお砂糖を摂取していると折角の努力が水の泡になる事も…。ただ、だからと言ってこれから甘いものを一切食べない!と思っても、それはそれでストレスが溜まるというもの。

 

なので「どうしても食べたい!」という時は我慢せずに食べちゃって下さい。ちぐはぐな事だと思うかもしれませんが、どうしても我慢が出来ない時は思いきて食べちゃって、気持ちを落ち着けた方が良い時もあります

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

あまり我慢しすぎるとストレスにも繋がりますし、折角甘いものを我慢してるのにストレスと相殺されてしまう事も…これじゃ我慢している意味が無いですよね^^;

 

ただ、毎日大量に摂取する事は避ける。これが一番ベストじゃないかな?とKOROは思います。使用するお砂糖は自然で作られたお砂糖のみにするとか、甘いものがちょっと食べたいな~位の時は果物で乗り切る!とか…。

 

とにかく「すっぱりさっぱり白砂糖を食べるな!」という訳ではなくて、毎日の中で白砂糖の摂取量を減らす事、これだけでも立派なアンチエイジングに繋がります!

 

KOROは基本的に洋菓子が嫌いで、和菓子の方が好きなタイプです。甘いものが苦手なのでそこまで食べませんが、どうしても食べたい!という時は諦めて思いっきり食べて味わう様にしています(笑)

 

そしてスキンケアにも力を入れています!体の中からのエイジングケアと、外側からのエイジングケアで100%のケアが出来るというもの。