皆さんこんにちは♪管理人のKOROです^^!前回のお話しはコチラ⇒「老け顔の人にはある共通点がありました!ある成分を補う事で美肌へ」

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

KOROも産後、お肌の老化に悩んだ一人です。色んな肌の不調で悩みました!

特に気になったのは乾燥肌で、何をしても何をつけても乾燥が改善せず…。試行錯誤の中、やっと自分に合った保湿ケアを見つけたんです。

 

産後のお肌の不調に悩まされている美容女子の皆さまも多いので、今回は産後のお肌のケアのお話しをしていきたいなって思っています!今回も熱く語る予定ですので(笑)どうか最後までお付き合いお願い致しますm(__)m

4f07235f1fbc09079d1a232e973dc32b_s

産後に肌の不調が起きるシステムとは

産後というよりも、妊娠中から肌の不調を感じる人も多いはずです。その理由は「黄体ホルモン(別名ブスホルモン)」にあるんですね。

黄体ホルモンとは?

妊娠すると、流産を防ぐために黄体ホルモンが多く分泌されるのですが、黄体ホルモンはニキビや肌荒れシワなどの肌トラブルを引き起こすホルモンなんですね。

なので黄体ホルモンが多く分泌される妊娠中~産後は特に肌の不調が目立つ傾向にあるんです。

女性ならではの肌荒れのサイクルも肌荒れに関係してくる

女性は周期的にエストロゲンという女性ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンを交互に分泌する時期があります。

 

月経前に肌荒などの肌の不調を感じる人が多いと思いますが、これは妊娠の準備の為に黄体ホルモンが多く分泌されているからなんですね。一方月経が終わった後に肌の不調が改善してくるのは、女性らしくある為のエストロゲンという物質が優位になって分泌されるからなんです。

e2d97191e168c323db79aefb5b831aa9_s

妊娠中や月経前後、産後の肌荒れを改善する為には?

妊娠中や月経前の肌荒れは仕方がない事ですが、産後の肌荒れは黄体ホルモンの他に様々な要因が重なっておきるもの。今回は産後に焦点を当てて、肌荒れ改善方法をお伝えしたいと思います^^

妊娠中・月経前からしっかりスキンケアを行っておく

黄体ホルモンの作用によって肌荒れが起きるのは仕方がない事ですが、だからと言って放置しておくと産後や月経後に肌の不調を引きずってしまいます。

 

なのでどうしても改善しない肌荒れ中でも、しっかりスキンケアしておく事がその後の肌不調の改善に繋がってくるんです。

7cf15baa47237af9519a4c792b905087_s

ニキビや肌のくすみ、シワやたるみに効果のある美容成分はなるだけ使わない

不調が現れたらすぐに改善したくなりますが、妊娠中や月経前は肌がとても敏感になっています。これも黄体ホルモンの作用によるものですが、ここで無理に美容成分を取り入れると肌荒れを起こしてしまう可能性も高くなるんですね。

 

なので、お肌が敏感な黄体ホルモン期はエイジングケアはお休みして、徹底した保湿ケアを行う事がベストなんです。

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

洗顔時に肌を痛める事も!洗顔は最低限で

普段からお仕事などでお化粧している方も居ると思いますが、黄体ホルモン期は過度な洗顔は禁物です!

 

お肌の不調を隠したいのはやまやまですが、この時期だけ…と諦めて、出来るならなるべく薄化粧や日焼け止めのみで過ごした方がその後のお肌の為にもなります。

 

正しい洗顔方法でお肌に負担をかけない様に優しく洗ってあげるのがベストですよ^^ブログ内でも正しい洗顔方法についてお伝えしている部分もあるので、そちらも参考にして下さいね♡

 

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

しっかり保湿をしてあげる事が最重要ポイント!

何度も何度もブログ内でお伝えしていますが、肌が敏感な時は保湿と保護を重点的に!保湿として優秀なのはセラミド、保護成分として優秀なのはワセリンや馬油などの極めてシンプルな成分のものがベストですよ^^

産後の肌不調はちょっとしたコツで改善させる!

産後は黄体ホルモンの影響を引きずっている時期であり、寝不足やストレスなども重なり更に不調が引き起こされる…という事もあります。

 

寝不足やストレスなどが重なると肌の新陳代謝(ターンオーバー)も乱れてくる為、老廃物などが溜まりやすい傾向にあるんですね。なのでふき取り化粧水などで古い角質をケアしてあげてから、セラミドビタミンC誘導体などの美容成分でケアしてあげると効果的なんですよ^^