こんにちは♪今回も御覧頂きありがとうございます♪KOROです!

733ac55b6e27988b2bfcf36f3059668b_s

今回のお話しは肌の水分量についてですが、水分量を上げるスキンケアについてもお話しをさせて頂こうと思っています。

 

まず、皆さんの中でも「しっかり保湿しているのに肌が乾燥する」っていう方、結構多いと思うんです。なのでネットなどから、肌の水分量を上げる為に適した基礎化粧品やケア方法だったりを探していると思うんですね。

 

ほとんどのサイトやブログなどで「セラミドをしっかり補給して!」って書かれていると思いますが(もちろんKOROのブログ内でもセラミド推しですが^^;)、ただ単に保湿しているだけでは乾燥肌って改善してくれないの、知っていましたか?

どれだけケアしても効果が出ない?その根本的な原因とは

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

お肌は内臓の鏡のようなもの。内臓の状態によって肌状態が変わる!

お肌のトラブルを抱えている人の多くは、知らない間に内臓に負担をかけている傾向があるんですね。

 

特に肝臓はお肌のトラブルとかなり深い関わりを持つ臓器なので、肝臓が弱ると肌のくすみを始め、乾燥肌や敏感肌などのトラブルを引き起こしていきます。

なぜ内臓と肌が関係しているの?

毎日食べている食事や水分、肌のためにと思って摂取しているサプリメント。これらの栄養素や水分が、きちんと肌に使われるのはほんのわずかなんです。

 

まずは肝臓などの内臓系に必要な分の栄養素や水分を与えていくので、お肌に到達してくるのは本当に最後の最後。もちろん、お肌の為のサプリメントの栄養素も先に内臓の修復や活動などに使われてしまうんです。

 

内臓が弱れば弱る程、たくさんの栄養素や水分量が必要になってきます。毎日十分に食べている・飲んでいると感じていても足りない場合の方が多いんですね。

 

特に「タバコを吸っている人・お酒を飲んでいる人・暴飲暴食をしている人・睡眠不足」の人は確実と言っていい程お肌のトラブルに悩まされている事が多いんです。

※中には肌質や体質で、肝臓などの内臓系が強い人もいますし、体質などでお肌が綺麗な人もいます。

 

タバコやお酒などに含まれる有害物質やアルコールは、いったん肝臓に運ばれ分解されていきます。その際の活動として、様々な栄養素だったり水分が必要となるので、タバコをたくさん吸う人や毎日浴びるほど飲んでいる人ほど、お肌の為にと思ってしている事がムダになってしまう事も多いんです。

これだけはやめておいた方が良い!お肌の水分量アップを妨げる行動

27ef1b925f2c28365b5b430405ac5e5a_s

アルコール摂取に気を付けて!

適度な飲酒は人間関係の円滑やストレス発散にも繋がりますが、飲み過ぎる事で体は脱水に近い状態になってしまいます。それはアルコールを排出する為に、体の中にある水分と共に尿として排出されるからなんですね。

 

お酒を飲むときに同じ量のお水を交互に飲んでいく、という方法もありますが、楽しいお酒の席でお水とお酒を交互に飲む人はあまりいませんよね^^;なので結果的に尿を出し過ぎる事によって、体中の水分が抜けて乾燥肌に繋がる…という事になるんです。

冷たいもの、辛いもの、甘すぎるもの、カフェインなどの刺激物に気を付けて!

刺激物は分解にも時間がかかってしまうので、辛いものやカフェインなどの刺激物はなるだけ避けて下さい。ただ、コーヒーには美肌作用もある事が分かっているので、適度なカフェイン摂取であれば問題ありません^^

 

冷たいものは特に気を付けて欲しいのですが、体が中から冷えると血流が滞り、お肌への栄養素や水分の供給もストップしてしまう可能性もあります。体の中を温めようとして、お肌の熱まで奪ってしまうんですね。なのでハリやツヤが低下した、水分の少ない「老化肌」になってしまうんです。

実はヘアカラーも乾燥肌の原因だった

これはぜひ覚えておいて欲しいのですが、頻繁なヘアカラーなども乾燥肌の原因の一つになるとの事なんです。というのも、頭皮は皮膚の中で様々な成分を吸収しやすく出来ている部分で、悪いものも良いものも吸収してしまうんですね。

 

吸収した成分が血液中に流れ込むと、それが悪い成分だったとしたら分解する為に内臓がフルパワーで働いてしまいます。なので30代以降、お肌の事に気を遣うのであれば、ヘアカラーなどもなるべく避ける様にした方が良いのです。

同時にスキンケアを行う事で保湿効果が期待出来る

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

保湿ケアをしても一向に良くならないのは、肝臓などの内臓系が弱っているから…とお話ししました。イメージとしては「砂漠に水を与えている状態」ですね。乾いている原因を探らなければ、どんなに水分を与えてもムダなんです。一時的に潤ったとしても蒸発してしまえば、元の乾燥している状態に戻ってしまいます。

 

なので内臓系を元気にさせる為に「過度なアルコール摂取や刺激物を避ける」に気を付けながら、水分を与えるケアをしてあげると更に効果的!

 

肌が乾燥する事で、本来持っている水分保持力も低下している状態になってしまいます。なので水分だけを与えておくのではなく、同時に水分保持力向上にも効果を実感出来るセラミドが配合された基礎化粧品がおすすめ!

 

セラミドと一緒にヒアルロン酸やコラーゲンなど、水分保持力が高い成分を使う事で更に乾燥肌対策にも繋がります♪