こんにちは!美容オタクの筆者です^^!

これまでアンチエイジングやスキンケア、老化肌の原因などをお話してきましたが、今回は「敏感肌」についてお話していきたいと思います。

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s

 ●そもそも、敏感肌って何?

 

肌が乾燥し外部からの刺激を受け続けていると、肌を守るためのバリア機能が破壊され、少しの刺激にも過敏に反応してしまう様になります。

髪の毛が肌に当たるだけでもヒリヒリする様になり、基礎化粧品などに含まれている成分によっても反応を起こし、赤くなったり皮剥けを起こしてしまう事もあります。

 

敏感肌さんとうるうる美肌さんの決定的な違いは「肌の水分量」にあり、水分量が低い敏感肌は様々な老化現象が表れてしまいます。

角質がめくれ上がり、硬くごわごわした触り心地になり、毛穴も開きやすいので角質も溜まり、ゴワゴワザラザラシワシワな状態に。恐ろしい単語がズラリ…><;

まるで水分を失ったパンみたいにカサカサになり、シワが定着しやすくなります。それに肌がしぼんで元気のない状態は、どこからどう見ても「老けて」見られがちになります。

292114

この老化現象の発端である敏感肌の原因ですが、大きく分けて2つあります。

アトピーやアレルギー体質などの「体質による敏感肌」と、「間違ったスキンケア」によって肌の乾燥が引き起こされている敏感肌、この2つが主な原因だと考えても良いでしょう。

 

特に20代後半から30代あたりで「急に肌が敏感になってきた」と思う方は、日頃のスキンケアや基礎化粧の選び方が間違っている可能性が高いです

 

もちろん生活習慣の乱れも関わってくるのですが、体質で敏感肌になっている人も、年齢を重ねる事で現れる敏感肌の人も、正しいスキンケア法と肌に合った基礎化粧品を選ぶ事で、敏感肌は改善されていきますよ^^

 

 

●敏感肌さん必見!「正しいケア法」でうるうる美肌をゲット!

e81ec649db77318d0384ff8d36288d4c_s

全ての敏感肌さんに共通する「正しいケア法」はきちんとあります。毎日の習慣と、スキンケアを見直すだけで肌質が全然違ってきますよ!

・「水分をお肌に溜め込むスキンケア」

・「肌に合った基礎化粧品を使う」

・「水分を毎日最低でも1リットルは摂取する」

この3つをぜひ徹底して下さい!!

 

 

●敏感肌の為の正しいスキンケア、具体的にどうすればいい?

895329a28b9f5e25d4dca12a3550704b_s

具体的な方法は2つ「毎日水分を最低でも1ℓは摂取する事」「乾燥を抑える為の成分が入った化粧水やクリームを使い、水分を保持してあげる事」がキーポイントです!

 

・アトピーやアレルギー体質による敏感肌さんの場合…

975def6e85239e57bd475d7b98855b4a_s

アトピー・アレルギー体質の方は、アレルゲンが肌に付いてしまうと肌が反応し、刺激となって肌の乾燥が進んでしまいます。

服や髪などの摩擦で肌がこすれると乾燥が進んでしまいますので、アレルゲンや摩擦からお肌を守る為にも、油分の多い低刺激タイプの保湿剤でこまめに保護してあげて下さい。

 

筆者は外出する予定が無い時や肌の調子が悪い時は、普段のスキンケアの他に「ワセリン」や「ホホバオイル」などを乾燥を感じた都度塗っていましたよ^^

 

また、肌に水分を補ってあげるのと同時に、腸内環境を整える事で敏感肌を克服できる事もあるそうです

アレルギーやアトピー体質の方は腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスが崩れている事が多いという統計が出ているので、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

・間違ったスキンケアで敏感肌になってしまった方の場合…

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

間違ったスキンケアを続けているとじわじわと肌のバリア機能が壊されていき、20代後半に突入する頃に「突然敏感肌になった!」という事態を引き起こす事もあります。

 

バリア機能とは「肌表面の水分を保持する機能」の事で、外部の刺激や乾燥から肌を守り、潤いとツヤを守ってくれる、肌の自己修復機能の事です。

しかしこのバリア機能は0.02ミリというサランラップ並の薄さなので、間違ったスキンケアで簡単にバリアを失ってしまいやすいという欠点があります。

 

バリアを失った肌は乾燥し、外部からの刺激で肌が炎症してしまい、やがて慢性的な敏感肌を引き起こしてしまいます

なので、バリア機能を復活させる為の「水分を保持する為の基礎化粧品」に変える事がキーポイントになります。

 

 

・敏感肌対策の基礎化粧品、何を基準にして選べば良い?

919bef8573b9b72310ad641cdb25f994_s

使用する化粧品は、低刺激で敏感肌でも使えるタイプのものが良いです。選ぶ時は成分をしっかりチェックして下さい!

 

筆者がおすすめする保湿効果の高い成分としては、元々肌が持っている保水成分である「セラミド」や、保湿効果の高い「コラーゲン・ヒアルロン酸」などです。

特にセラミドはバリア機能を担っている角質層に多く含まれているので、お肌に与える事で乾燥を改善し、バリア機能を修復してくれる効果が期待出来ます。

 

さらにもう一つ、シワやシミを改善する効果が高いという成分は、刺激も強めです。

乾燥で荒れたお肌に刺激の強い成分の入ったエイジング基礎化粧品を使ってしまうと、余計に炎症が酷くなってしまう事もあるので気を付けましょう!

efb0a7cb6f818fdbbe0825c584a2dbba_s

実際に筆者はセラミド入り基礎化粧品を色々と使いましたが、敏感肌寄りの筆者でもセラミドには反応しなかったです。しっかり保湿されていた感じでした。

コラーゲンやヒアルロン酸も保水力が高く、乾燥の厳しい時期には大活躍でした!ただ、人によっては毛穴が詰まってしまったり、ベタついてしまう事もあるそうです。

 

成分や効果も大切ですが、使用感も基礎化粧品を選ぶ一つの基準です。自分のお肌に合っているかは実際に使わないと分からないので、サンプルなどで試してみて下さいね。