段々肌寒い時期となりましたが、皆さん風邪などは引いていませんか?

寒くなると同時に乾燥しやすい季節になりますので、保湿ケアはこまめに行いましょう^^♪

224db05241bdec7f39b757d69c91eb41_s

この時期に最も多い肌悩みとして「肌が老けた気がする…」というお話を良く耳にしますが、お肌の乾燥だけが老化に繋がる訳ではなくて…

 

「肌のバリア機能の低下」

 

も、老化肌と大きな関係があるんですね。

 

 ●バリア機能ってどんな機能?

889c15234ed2fbfe7c814d9c5b03101d_s

バリア機能は皮膚の中でも一番外側の「角質層」と言われている部分に存在し、わずか0.02ミリという薄さながらも水分や脂質を溜め込んで、皮膚を乾燥や外部からの刺激から守る役割を持っています。

 

・角層細胞…ターンオーバーで死んだ細胞の集まり(この中に天然保湿因子「NMF」が含まれている)

・細胞間脂質…細胞が死んでしまう途中で生まれるのが細胞間脂肪で、別名「セラミド」と呼ばれています。

 

この2つが上手に働く事で、例えば砂漠のど真ん中に何時間居たとしても、肌が乾燥する事は決してありません。バリア機能ってあまり聞きませんが、実はとっても重要な働きをしているスゴイヤツだったんです!^^

 

 ●バリア機能が働いていると、肌はぷるぷるもちもちに

ccb60f04d5d65c91b8f57c6e9ca3631a_s

バリア機能が正常だと常に一定の水分量をキープする事が出来るので、肌はいつでも潤っている状態にあります。もちろんシワなんて目立ちませんし、たるみだって目立ちません!肌が潤ってふっくらしているので、毛穴レス…まるで赤ちゃん肌ですね♪

ee539c38f3115ab8fdb9d188f2213dd6_s

一方で乾燥している肌はガサガサ、ゴワゴワしていませんか?乾燥して硬くなった肌はシワやたるみもかなり目立ち、水分を失ってしぼんだ肌が更に毛穴を目立たせてしまいます…。

 

潤っている肌(美肌)=バリア機能が正常であり、乾燥した肌(老化肌)=バリア機能が低下しているという事になるんです。

なのでシワやシミ、たるみや敏感、乾燥肌などの「老化肌」による肌悩み、これらはバリア機能を正常に働かせる事で改善させる事にも繋がるんですよ^^♪

 

 ●バリア機能を正常に働かせる為には?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

薄さ約0.02ミリと言われているバリア層、ちょっとした事でこのバリア層は剥がれてしまいます。 もちろん間違ったスキンケアを続けていたら、当然バリア層が破壊されていきます。

「乾燥でお肌がバリバリ!もしかしてバリア層がきちんと機能していない?」と感じている方でも、適切なスキンケアでバリア機能の代わりを補う事によって、肌のターンオーバーが正常化されてバリア機能が復活していきます♪

 

 ・バリア機能を復活させるには「セラミド」がおすすめ!

0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s

バリア機能に含まれている保湿成分は「NMF」と「セラミド」です。

特にセラミドは保湿成分の中でも約80%も占めているので、セラミドをお肌に与えてあげる事で乾燥肌や敏感肌が改善されていきます

 

効率良くお肌にセラミドを留まらせるには、化粧水にも含まれているタイプが良いかなぁ…と思いますね。シリーズで使えば常にセラミド満タン!乾燥怖いものなしです!(笑)

 

・「セラミド」入り基礎化粧品、選び方のコツってある?

a554812cbe0d1fd11199d65164900211_s

セラミドにも様々な種類がありまして、天然のものや人工的に作られたもの、ナノ化されたもの、水分にも良く溶け込める様に改良されたもの…などなど。

 

どの種類を選んでも効果にさほど変わりは無かったそうなので、「天然だから良い!」「人工的なのはダメ」という事では無さそうです。

 

元々セラミドは水に溶けにくい物質でしたが、最近では水にも溶けやすいタイプのセラミドが開発されており、化粧水にも問題無く配合する事が出来ている様です。

なので、 酷い乾燥肌や敏感肌に悩んでいる方は、化粧水もセラミド入りのものを使うと、より保湿効果を実感出来ると思いますよ^^♪

 

 

●「肌に触りすぎるケア」もバリア機能を低下させる一つの原因に

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

肌の老化を食い止めたい一心で「やれ化粧水」「やれ乳液」「やれ美容液にスペシャルケア…」などなど。

基礎化粧品を幾つも使って、お肌にペタペタペタペタ塗りすぎていませんか?基礎化粧品も、フルラインで使うと結構なアイテム数になるかと思います。

 

でも、スキンケア…特に肌のバリア機能を改善する為には「数うちゃ当たる」的な理論はNGです。

肌のバリア機能は約0.02ミリの薄い皮膚で行われているので、やたらに肌を触るとバリア層が傷付き、機能を失ってしまう事もあります。

 

肌に良かれと思ってやっていた事が、実は肌を痛めていた…なんて事にも。

肌のバリア機能を改善するには、「なるべく肌に触る回数を減らす」事が大切です。スキンケアも、化粧水と保湿クリームのみ「オールインワンゲルのみで済ますなど、肌に触る回数を減らした「シンプルなケア」を行っていく様にしましょう。