筆者自身も28歳を過ぎたあたりから、口横のたるみが気になってきました。この口横のたるみラインを「マリオネットライン」と呼ぶそうです。

ここのラインがあると、上から光を受けた時に影になってしまって、かなり老けた印象になっちゃうんですよね…。

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s

このマリオネットラインはたるみも関係ありますが、「脂肪」も関係してきます。口周りは顔の中でも脂肪が出来やすい部分らしく、太ったり痩せたりを繰り返している内に付いてしまうらしいです。

 

そして、ここの脂肪はなかなか落ちてくれません(泣)。人と話す機会が減る30代、口元を動かす習慣も学生よりはガクンと減るので、加齢も加わりマリオネットラインが出来やすくなるんですって。

 

 ●マリオネットライン<口横のたるみ>を改善するにはコレだ!

・口元を動かす事

脂肪となれば、口元を動かし続ける事で少しずつ改善されていきます。 私のおすすめは「口笛」で、口元をにゅっと突き出す形にしているだけでも効果はあります!

73e248bc1e3898ad0091486bef76b996_s

ドナルドダックみたいな感じで口元を突き出していると…割とキツいです。これを一日の中で気が付いた時にやっていくと、口横のたるみもスッキリしてきますよ^^

 

・たるみも原因なので、スキンケアでも対処する

口横のたるみは脂肪だけでなく、肌のたるみも原因の一つです。

 

「こめかみあたりから顔の皮膚をギュッと上方向に引っ張ってみてください」

18a5e2e0fe5db92429d9167e12c5c2a0_s

この時、口横のたるみが少し解消されている様ならば、たるみも関係していると言って良いと思います

 

このたるみの原因は…

○コラーゲンやエラスチンを生み出す「繊維芽細胞」の働きの低下

これが一番大きいです。加齢によってコラーゲンが生み出されにくくなり、更に質も固くなってしまう為に「たるみ」が起きやすくなります。

 

この繊維芽細胞は「乾燥」する事で働きが鈍ってしまうので、肌の水分量が減ってしまう30代からは「繊維芽細胞を活性化させる為の保湿スキンケア」がおすすめです!

83e8bea6aa908eb52ddb1be23f847889_s

 ●繊維芽細胞を活性化させるスキンケアって何がある?

繊維芽細胞=コラーゲンのお母さんです。

加齢や肌の乾燥によって働きが鈍くなると言われているので、ここを活性化させる決め手の一つは「徹底した保湿」なんです

 

・たるみに良いスキンケアもあるけど、どうして保湿ケアが決め手なの?

肌の皮膚は表面にある「角質層」によって守られていますが、ターンオーバーで死んだ細胞の集まりです。その細胞が生まれる過程で天然保湿成分が生み出され、バリア機能として肌の水分を保持し、外部からの刺激から守っているんです。

 

なので成分を与えてあげる…という事よりも、自らのバリア機能を正常化させるケアを行う事が「繊維芽細胞」の活性化に繋がり、コラーゲンを生み出してくれるので、実は保湿を徹底してあげる事、これがアンチエイジングにも繋がるんですよ^^

4c18bb68177409cf110242a527545e5d_s

それに、肌が若々しい健康な状態である程、たるみに良いと言われている成分の効果をしっかり発揮する事が出来るんです。   なので、アンチエイジングを考えているのなら、まずはお肌の土台を整えてあげる事が大切なので、保湿を中心にスキンケアをしていく事をおすすめしています。

 

 ●保湿効果が高いスキンケアで繊維芽細胞を活性化させる!

口横のたるみも気になるという「アンチエイジング派」の方々にお勧めの基礎化粧品は、セラミドやビタミンCなどの成分が配合されているタイプです。

26c940e328d0d43aef9302d476d84659_s

セラミドは筆者もお気に入りなのですが、バリア機能である角質層の中に存在している保湿成分で、約80%も占めているそうです。 肌のバリア機能を高め、さらに保湿を徹底する事で繊維芽細胞も活性化されていき、肌老化であるたるみの改善にも繋がるというワケです。

 

ビタミンCは繊維芽細胞と協力してコラーゲンを生み出してくれたり、老化の元となる活性酸素もやっつけてくれます。アンチエイジング効果も期待する事が出来るのでおすすめです!