敏感肌は人よりも老けて見られがちなのを知っていますか?

乾燥から始まる敏感肌、肌の水分量が低下し外部からの刺激にとっても弱くなっている状態です。

247d5c65821ba972e57b40802e480fba_s

肌の水分量が低下するとどんな事が起きるかというと…

・ツヤ・ハリの低下

・シワ(ちりめんジワ・ほうれい線など)の出現

・肌のたるみ(口横のたるみやゴルゴ線など)の出現

・シミの出現

・くすみやすくなる(血色が悪く見える)

・毛穴が目立つ

 

そうなんです、肌の水分量が減ってしまう事は肌が老化してしまって起こる「老け顔」になってしまうんです!

 

 ●敏感肌がなぜ老け顔に?

 

本来肌には外部からの刺激や乾燥から身を守るために、角質層にて水分を保持する為の機能(バリア機能)が備わっています。

 

その機能が上手く成り立たずに肌の水分量が減ってしまうと、まず先に「乾燥」が起きます。

8a2cde6e943363e0486037abf4a2e9a1_s

乾燥が起きる事によってホコリや紫外線、アレルゲンなどの刺激に過剰に反応してしまい、次第に敏感肌になってしまいます

 

・乾燥する→刺激に弱くなる→ホコリなどで刺激を受ける→炎症を起こす(ヒリヒリ、ピリピリ)

 

これを繰り返していく内に肌はどんどん弱っていき、肌の水分やコラーゲン、セラミドがどんどん減少していきます。その結果が「シワが出来やすく定着しやすい環境」になってしまうんです。

刺激を受けた部分はシミにもなりやすいので、対策をしていかないと老化肌へまっしぐら…という流れになってしまうんです><;

 

 ●放っておくと怖い敏感肌はしっかり保湿を!

 

お肌がピリピリヒリヒリ、敏感になっている時こそしっかりスキンケアをしましょう!

だからと言って基礎化粧品を幾つも使ってしまうのも、お肌を痛めてしまうので気を付けましょう。

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

・敏感肌は乾燥対策が改善のポイントです!

刺激となるであろう合成界面活性剤などの成分は排除し、肌の水分保持を助けるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合された化粧品やクリームを使って、肌の水分蒸発を防ぎます

 

乾燥肌も敏感肌も基本的に肌水分が少ない上に、水分蒸発を防ぐバリア機能も低下していますから、水分を与えるだけではなくて「油分の多い基礎化粧品(クリームやオイルなど)でフタをする」という事も必要です。

油分が多いクリームでフタをしてあげる事で、肌の内部に徐々に水分が溜め込まれていきます。

b0606e07dee32396cbefe7c95513d75d_s

肌の乾燥が落ち着いてくると、肌のバリア機能も復活して来るので、敏感肌も次第に良くなってくるはずです^^♪

 

 

●基礎化粧の複数使いは敏感肌にはNGの理由は?

 

複数の基礎化粧品を使い、いくつもの成分を重ね塗りしてしまうと、本当に欲しい成分が肌へ入っていきずらくなってしまうんです

敏感肌の方はシミやたるみ、シワなどといった老化肌にも悩んでいる方が多いのですが、老化した肌に効果があると言われている成分は強いものが多く、敏感な肌には刺激になる事も多いです。

700a4dca95c10b17be4b82b7cc3ba18d_s

まずは今の自分の肌状態を見極め、本当に肌に欲しい成分だけを絞り込んで、その成分を中心に肌へしっかり届けてあげてください。

 

乾燥性敏感肌を改善する成分として代表的なのがセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。どれも元々肌に存在する成分なので、刺激になりにくく安心して使える所もポイントです^^

 

基礎化粧品を上手に使い分けて、肌悩みに応じたお手入れをしていく事が乾燥肌・敏感肌改善にも繋がりますよ^^♪