肌の表面は皮脂でベタつくのに、肌の内部は水分が足りない状態「インナードライ」と呼んでいますが、脂性肌や混合肌と勘違いする事も多く、多くの方が間違ったスキンケアによって状態を悪化させています

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

正しい方法でスキンケアを行えばインナードライは改善する事が出来るので、今回は原因と正しいスキンケア法についてお話していきますね^^

 

●あなたはインナードライ?脂性肌?

a9049938cf17c8bad11036e638765471_s

・皮脂でベタつくわりに小じわが目立つ

・笑うと肌がつっぱる感じがする

・ニキビや吹き出物に悩まされている

・肌の質感が硬くごわごわしている

これらに当てはまる人はインナードライの可能性が高いのですが、もう一つ面白い実験を発見しました^^!

 

・インナードライを自宅でチェックする簡単な方法をご紹介!

adcbea2d31d23571166b92ec43255261_s

セロハンテープを肌に貼り、優しくはがします。

はがした後に角質がくっついて白くなると思うのですが、角質の取れ具合によってインナードライかそうでないかが分かるのだそうです。

 

角質がはがれてしまうという事は、正常にターンオーバーがされていない証拠です。古い角質がいつまでも肌の表面に残っている状態であると言えます。

(肌がごわごわする、基礎化粧がなかなか馴染まない、化粧乗りが悪い、肌がくすんで見える…などが起こりやすくなります。)

また、ターンオーバーが乱れていると肌のバリア機能も乱れている状態になるので、乾燥を招きインナードライ肌にもなりやすいです。

 

ですので、自分の肌がどんな状態かを知る事は、インナードライを改善する為にもとっても必要な事なので、ぜひチェックしてみて下さい^^

 

まずコレ、インナードライレベルが深刻な方のテープです。

記事3

このように、肌のターンオーバーが乱れバリア機能が低下する事で、古い角質が溜まり乾燥を招いている最悪な状態である事が伺えます。

テープが白ければ白い程、インナードライでありそのレベルも深刻化する様です。

 

こちらは綺麗な肌の人のテープです。

記事1

水分と油分のバランスが良いので、テープは白くなりません。これは一般的に美肌と呼ばれる部類に入りますね。羨ましい!

 

ちなみに筆者…

Jpeg

30歳、子持ち主婦です。遠目やSNSの画像などでは「肌綺麗」と言われますが、近くで見ると肌ブスです><;毛穴や小じわに悩んでいるお年頃です。

…はい、ごっそり角質取れました。(笑)御見苦しい画像で申し訳ありませんが…

Jpeg

じゃーん!キメも整っておらず(汗)角質もごっそりはがれてしまっているので、インナードライ確定ですね…^^;

こうして見ると結構ショックであります…><;

 

実は自分の今の肌が最悪な状態だったなんて…初めて知りました(笑)!

 

本来は手の甲にテープを貼り調べるみたいなのですが、手の甲と顔の肌の皮膚は違う為、筆者は頬にテープを貼っつけました。

事実を知るのが怖い方はまず手の甲から、美肌と自負している方は頬から、どちらから調べても大丈夫みたいです^^

 

●お待たせしました!正しいスキンケアでインナードライ改善!

b9314aa8d65d23ecd2d887f7110b696b_s

・スキンケアは保湿を中心に

テープチェックでもお分かりの様に、少しの刺激でもはがれてしまう位に角質層が脆くなっています。

 

この状態は「角質層の保湿バランスが乱れている=乾燥している」状態にあたるので、しっかり保湿をするべきです。ベタついていてもしっかりケアしてください。

cd6b66186f3f503f9306c657171604f5_s

・おすすめはセラミド

角質層にはセラミドという天然保湿因子が80%も含まれています。

乾燥しているのはセラミドが足りないからなので、これを外側から補ってあげるのがベスト。

 

また、その他にコラーゲンやヒアルロン酸などの、保水率が高い成分も配合されていれば尚ベストです!

 

・基礎化粧品の複数使いはNG!

肌に触らない事が基本なので、幾つも基礎化粧品を使っている人は、数を絞って使ってみてください。

 

インナードライを改善したいのであれば、化粧水と保護性の高いクリームだけで十分です。

またインナードライによるシワなどは、肌の機能が正常化されれば改善していきますので、とにかくここでは保湿をメインに考えましょう!

 

肌を触らないという事に着目するのであれば、オールインワンタイプの基礎化粧品もおすすめですよ^^

 

●最後に…インナードライの原因は?!

7ed4c0df79001a354d9d0c1b8f4537d5_s

・必要以上に肌を触っている

基礎化粧品をいくつも使っていたり、皮脂を抑える為に脂取り紙をこまめに使っていたり、化粧直しやダブル洗顔など…。

特に洗顔、メイク落とし。これらは角質層の天然保湿成分セラミドを洗い流し、一時的な乾燥状態にしてしまいます

 

メイク落とし時のマッサージで脆くなった角質層は剥がれたい放題に…。ゴシゴシ肌をこすっている人ほど、インナードライ肌に当てはまります

必要以上に肌に触る事は、角質を脆くして乾燥を引き起こします。乾燥する事で「肌を守らなきゃ!」という作用が発動し、皮脂だけが過剰分泌される事態に…。

 

・保湿をしていない

1ed4c1d474c9492d27799030347f1394_s

皮脂が多い人の多くがやっているダメなスキンケア法です。

皮脂の盛んな思春期と違い、アダルト世代の過剰皮脂分泌の多くは「インナードライ」が原因です。

 

肌が乾燥するから過剰に皮脂が分泌されるので、ここでは保湿を丁寧に心がけて下さい。保湿を徹底する事で皮脂分泌がだんだん収まってきますよ^^

これら2点が主な原因でありますが、日頃から水分補給をしない人や、過度なダイエット(食事制限)を行っている人ほど、インナードライ肌に傾きやすい傾向にあります。

 

●保湿を徹底する事

●肌をいじくらない事

この2つをきちんと守っていれば、肌の機能も少しずつ元に戻っていくので、インナードライを改善する事が出来ると思います^^!

 

…筆者も頑張らなければなりませんね><;