恐ろしい事に、肌のたるみは気が付かないうちにひっそりと進行してしまうものなんです。

a0002_004089

私はついこの間免許の更新へ行きましたが、3年前の顔と今の顔…だいぶ違いましたね^^;
毎日鏡で自分の顔を見ていても、ゆっくり進行するたるみに即座に気が付く!っていうのは、結構難しいと思うんですよね。

 

たるみの魔の手から逃れる為にはまず、「たるまない生活」を心がける事が大事だと私は思っています。
今回は日常でついやってしまう「それってたるみに繋がりますよ!」を引き起こす行動についてスポットを当てたいと思います。

a1640_000194

・長時間スマホやPCを見ている事が多い
・肩こりや首こりに悩まされている
・姿勢が悪い
・普段から表情を顔に出さない
・足を組んだり片足立ちをしたり、頬杖をついたりするクセがある
・片方の歯ばかりで物をかむクセがある

 

などなど…。本当はもっと色んな要素も絡んでいるんですけど^^;
私的にたるみ改善・予防で特に気を付けてもらいたいのはこれらの項目になります体のコリや歪みはダイレクトにたるみに直結してしまうので、ここはぜひ解決しておきたい所なんです!

まず、ここで一番気を付けてもらいたいのが「長時間スマホやPCを使う」という所です。

●現代病?!電子機器は「たるみを加速させる!」

a0001_017624

スマホやPCからは「電磁波」が出ています。この電磁波、脳に悪影響を及ぼすだけでなく…肌にも良くない影響を与えます。
デスクワークが多い方はドライアイで悩む方も多いのですが、電磁波は体の水分を奪ってしまうために起きてしまう事なんです。
例えば電子レンジなんかは、電磁波によって食材の水分を飛ばして調理するものですよね。
PCやスマホと電子レンジ、威力の違いはあれど同じ電磁波です。PCやスマホにじわじわと調理され、たるみの原因を加速してしまう事に…。スマホやPCを沢山触った日は、お肌も電磁波によってカラカラ状態になるので…きちんと化粧水で水分を補ってあげてくださいね。

 

今は電磁波防止シールなどもあるので、そういう便利グッツを利用するのも解決策の1つです。
また、PCやスマホを触る機会が多い方は、普段から積極的に水分補給を行うようにするのが効果的な対策になります。

●悪い姿勢はたるみを呼び起こす!

a0001_016469

また、PCやスマホをしている時の姿勢もたるみを引き起こします。

 

PCを使っている時に前かがみになったり、スマホを触っている時なんかはずっと下を向いた状態で触っているかと思います。
このPCやスマホを見る動作、重力がかかりやすく顔のお肉が下へ引っ張られやすい状態になってしまうんですよね。という事はですね…

 

重力に負けて、頬や口元のお肉が下がってしまいやすい状態なんです。

 

しかも、PCやスマホを触っている時ってたいてい皆さん「無表情」ですよね?
表情筋を動かす時間が短くなるにつれて、顔の筋肉が緩んできてしまい、顔のお肉を支えきれなくなってしまいます。これによって「たるみ」が加速されていくわけなんですよ。

 

PCやスマホを触る時は画面を目線の位置まで持ってくるのがベスト。なるべく前かがみにならないような姿勢を心がけましょう!

●長時間同じ姿勢でいる事によって起きる体のコリ、これもたるみの原因の1つ

a0001_014256

PCやスマホを触っている時だけに限らず、一日中同じ姿勢で過ごす事はありますか?

 

同じ姿勢で長時間過ごす事は体に負荷をかけ、筋肉が収縮してしまいます。つまり筋肉がコリ固まってしまい、血液の循環が悪くなってしまうんですね。
特にデスクワークなんかは肩周りに負担がかかりやすいんですけど、肩周りの筋肉って「顔のたるみ」とも深い関わりがあるんですよ。

 

特に肩甲骨ら辺のコリが激しい方は要注意。ここ周辺の筋肉がコリ固まってしまうと肩から上の部分の血流が滞ってしまいます。
また、顔の筋肉とも結びつきがある部分なので、常に凝っている状態になるとたるみも引き起こされてしまうのです。

 

普段から同じ姿勢で過ごす事が多い方は、「ちょっと疲れたな~」って思った時に肩をぐるぐる回して、肩甲骨周りをほぐしてあげましょう。
他には15分位に1回、首のストレッチを行う事で肩凝り改善やたるみ防止にも繋がります。特にデスクワーク中心の方は、肩周りをほぐす事を意識して下さいね。

●体の左右を均等に使わないのも「たるみの原因」だった?!

a0007_001248

片足立ちのクセや足を組むクセがある人は、体が歪みやすい傾向にあります。
体が歪むとあちこちに余計な負担がかかってしまうので、筋肉もコリやすくなるんですよね。血行不良にもなりやすいので、顔のたるみだけでなく様々な肌トラブルも引き起こしやすくなってしまうんです。

 

 

人間の体は、よく使っている部分が発達していき、そうでない部分は退化していきます。
例えば、噛みクセですね。片方でしか食べ物を噛まないクセがある人は、いずれ使わない方の顔にたるみが現れてきます。

 

まさに!今の私がそうなんです。なので、慌てて体を左右均等に使うようにとクセつけました。
それからはだいぶ左右の顔のたるみ具合に差はなくなりましたが、今まで使っていなかった方のほうれい線の方が未だに濃く出てきます。

 

日常生活でなるべく体を左右均等に使ってあげる事、これが肌の老化を遅らせるポイントなのです。

 

●最後に…

これまでお話した「意外とやってるたるみ原因行動」、当てはまる人もかなり多いと思うんですよね。
ただ、仕事柄PCが必要だったりする場合も多いので、たるみ原因を作る行動への対策が「たるむか、たるまないか」の分かれ道だと思っています。

 

原因にどっぷり当てはまってしまっている方でも、日頃からバッチリ対策しておけば…たるみなんて、怖くない!
どんなたるみ原因でも、毎日ちゃんとケアしてリセットしてあげれば大丈夫です。ここでお話した対策をしっかり覚えておくと良いかと思います^^♪

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N112_fightpoze-thumb-1000xauto-14458